LOADING

LOADING

マイプロ導入事例

九州 / 沖縄 のパートナー一覧

福岡

  • 〒802−0006
    福岡県北九州市小倉北区魚町3−3−20 中屋ビルB1

    団体

    北九州まなびとESDステーション since 2014

    北九州まなびとESDステーションは、まち全体をキャンパスに、大学生を中心に市民が楽しく学ぶことを推進することを目的にしています。北九州市内にある10の大学(西南女学院、九州国際大学、九州工業大学、北九州市立大学など)が連携して運営しています。大学のキャンパスを飛び出して地域の方と楽しい講座や、誰かが喜ぶためのプロジェクトを行う拠点です。

    小学生からご年配の方までが集まる「誰もが先生、だれもが生徒。人が集まり、人がつながり、何かが生まれる。楽しい学びが未来を創るがコンセプトです。多くの高校生も勉強や地域活動のために集まっています。小倉のまちの真ん中にあるステーションぜひ、覗いてみてください。

    伴走者

    • 原水 敦(ハラミズ アツシ)

      鹿児島生まれ、茨城育ち、北九州市出身。国際系NGOでの活動を経て、工学部卒で福祉の世界へ。2007年に学生と共にNPO団体Uppleをたちあげ、地域のこどもたちと共に長期の自然体験キャンプをを主催。
      キーワードは「自然体験」「カンボジア」「福祉」
      福岡カタリバ代表

    • 宮原 昌宏(ミヤハラ マサヒロ)

      大阪生まれB型。ヨットとスキーが好き。サラリーマンからニートを経て、現在はなぜか教員。最近はインドネシアに行き、その人の良さ明るさに感動し、豊かに生きることとははにかを考える日々。
      高校生や大学生と心から笑っていることのできる「社会づくりを考えたいです。

    • 岩永 真一(イワナガ シンイチ)

      福岡市出身。広告業界を経て2009年に独立。学生時代よりNPO法人グリーンバードに参加をはじめ、福岡打ち水大作戦やWe Love 天神協議会に参画。福岡テンジン大学として開校し学長も務める。
      その他にもフリーランスで販促・集客の企画や、教育機関・男女共同参画での講師などを行っている。

  • 高校

    N高校 福岡キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

     

長崎

  • 高校

    長崎県立五島高校 since 2018バラモンプラン(総合的な学習の時間)

    五島高校では、平成28年度より総合的な学習として「バラモンプラン」を開始しました。バラモンプランの目的は大きく3つあります。1つ目は、探究学習を通して自分の進路を見極め、新入試に対応するためです。また、課題研究を通して主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を育てることです。2つ目は、教科の学習だけでは学ぶことのできない、社会で活躍するための資質・能力を身に付けることです。試行錯誤をすることを通して、自分で考え行動する態度を育てることです。3つ目は、私たちの住む五島の魅力を再発見し、その魅力を発信するためです。様々な角度から五島を探究し、五島のポテンシャルを自分たちだけではなく、多くの人に知ってもらいたいと考えています。以上3つの目的を具現化するために、1年生で五島や社会について探究をし、2年生で課題研究を行い、3年生での進路学習につなげます。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト選考会とメディア掲載の様子はこちら

     

    伴走者

    • 樫本英人(かしもと ひでと)

      長崎市出身。教員歴9年目、五島高校5年目。五島高校の総合的な学習の時間「バラモンプラン」の主担当。今年度は「社会探究型課題研究」を実施。バラモンプランでは、学校をできる限りオープンにして、生徒には社会と接点を持たせ、リアリティのある教育活動に取り組めるような環境作りをしている。

    • 辻忠(つじ ただし)

      五島市出身。教員歴13年目、五島高校2年目。1学年の総合的な学習の時間「バラモンプラン」主担当。五島市の大人と子どもがタッグを組み、五島を開発する取組を展開していく予定。地域活性化、郷土愛の育成、人口減少対策を主なねらいとして活動している。

沖縄

  • 団体

    沖縄マイプロジェクト実行委員会 since 2015

    沖縄マイプロジェクト実行委員会は、2014年に全国高校生鎌倉カイギに参加した高校生の「沖縄を良くしたい」というマイプロジェクトを応援するために始まりました。これまで沖縄の高校生が取り組んできたマイプロジェクトには「沖縄県知事立候補予定者へのインタービュー」「犬猫の命の大切さを伝えるために幼稚園で絵本の読み聞かせ」「平和の大切さを伝えるために高校生による対馬丸記念館のガイド」などです。サポーターには、高校の教諭、新聞記者、行政職員、会社員、NPO職員など様々な大人がいます。沖縄マイプロジェクト実行委員会では、高校生のマイプロジェクトを応援していますので、プロジェクトに取り組んでいる高校生は相談してくださいね。

    伴走したマイプロジェクト

    伴走者

    • 東濱 克紀(ありはま かつとし)

      沖縄生まれ。小中高とサッカー部に所属。高校生の時に「沖縄県少年の船」に参加して、将来は教師になりたいと思う。大学卒業後は、民間企業、NPO職員、高校教師などの勤務をして、高校生のマイプロジェクトのサポーターを行っている。「学校と地域をつなげる教育の実践」がテーマ。

    • 国仲 瞬(くになか しゅん)

      株式会社がちゆん代表取締役社長兼CEO 1992年生まれ、沖縄県出身 琉球大学教育学部在学中
      「言動力を沖縄を動かす原動力にする、沖縄が動けば世界に波及する。」という想いの下、2013年に学生団体の活動を開始。わずか348日で法人化。 「平和共育」などの新たな概念を生み出し、修学旅行生向けの教育事業を展開する沖縄発若手経営者。

    • 金城 円(きんじょう まどか)

      東京生まれ。沖縄育ち。中学校はバスケットボール部、高校はハンドボール部にて日々部活に励む。大学時代にNPOと出会い、インターンシップ等を経て教育系の学生団体を立ち上げる。現在、「視点は郷土、視野は世界」をモットーに教育の観点から地域づくりに取り組むNPO職員。

    • 金城 悠(きんじょう はるか)

      東京沖縄生まれ育ち。中学高校時代は、ソフトテニス、ハンドボールに熱を入れ、大学生時代はNPOに熱が入る。社会人になった今もNPOに所属し、「視点は郷土、視野は世界」をモットーに、地域づくりや人づくりに関わる仕事をしている。野村流伝統音楽協会、沖縄横笛協会に所属し、古典芸能の活動に日々奮闘中。

    • 門林 良和(かどばやし よしかず)

      興南中学校・高等学校教諭
      “自分が動けば、社会が動く”をモットーに、教室で世の中の問題と主体的に向き合う「よのなか科」を実践。2011年「教室と世の中の津梁となる社会科授業の実践」で読売教育賞最優秀賞受賞。大人でも難しい問題に対して生徒と共に学ぶ姿勢を常に持ち続け、生徒と社会がつながる機会を作り続けている。

    • 宇栄原 健夫(うえはら たつお)

      1987年生まれ、沖縄県出身
      興南中学校・高等学校教諭
      大学在籍時にNPOカタヤビラの一員として高校生のキャリア支援に取り組む。卒業後教壇に立ち、紛争状態を体感する「チョコレート戦争」など、生徒達の興味関心を惹く授業実践を数多く実施。その発想力と授業力は学校内外からも評価が高い。学びの魅力を発信し続ける人気教諭。

  • 高校

    N高校 ネットコース since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

     

スマホ版を見る