LOADING

LOADING

高校生の数だけ、プロジェクトがある!みんなのマイプロ

我ったぁ~勝連ガイド氏

地元の世界遺産、勝連城跡でガイドや体験イベントを開催しています!メンバーは私を含め高校生6人。日本語での案内はもちろん、外国人観光客に向けて英語での案内にも挑戦しています。また小さなお子さま連れのご家族にも楽しんでもらえるように、体験イベントではストラップ作りや伝統楽器の三線体験も行っています。

マイプロレポート

あなたのマイプロについて教えてください!

Q.プロジェクトに取り組もうと思った理由と背景を教えてください

今は6人で活動していますが、最初に立ち上げたのはそのうちの2人です。このプロジェクトを立ち上げる前、ハワイへ短期留学に行くことになっていた2人は、留学に行く前に講義などで、沖縄をよくするために何かできる事はないか、沖縄に貢献できる事はないか、と考えさせられる事がありました。高校生である私達が沖縄に出来ることなんてなかなか思いつきませんでした。そして考えた結果「まずは沖縄全体ではなく地元のことから知っていこう」という考えに至りました。こうして私達はまず地元について学び考える事から始めました。私達の地元勝連といえば、やはり世界遺産である勝連城跡です。しかし地元に世界遺産がありながら、毎日のように見ていながら、城の歴史や勝連をよく知りませんでした。世界遺産について私達地元の人が知らないなんてこんな恥ずかしい事はありません。私達高校生が勝連城跡について学び、それを観光客の方に伝え広げていけたら、少しでも私達の住むこの勝連に何か貢献出来るんじゃないかと考えました。そして外国からの観光客が多いので、ガイドを英語で挑戦する事で私達の英語の上達の機会にもなるのではないか。そう考えて、高校生で世界遺産勝連城跡のガイドをするプロジェクトを立ち上げました。

Q.プロジェクト活動を通して学んだことを教えてください

課題を見つけたら解決してみることの大切さ思いや考えを声に出すことの重要性。そして何より高校生しか変えられないものがあることにも気づきました。またメンバー全員が共通してもつ学びはコミュニケーションをとることの大切さです。ガイドを通していろいろな人と出会います。私たちと考え方も生活も違う人や言葉や当たり前が違う人。そういった人たちとガイドを通してコミュニケーションをとることによって新たな考えを聞けたり発見ができることにとても楽しさを感じます。また支えてくれる方々とのコミュニケーションからも、地元の良さを学べます。こういった私たちにとって身近な地元の人との関わり、初めて会った人との外の関わり、その内外両方からの声が聞ける立場にいるからこそ、いろいろな人の声を聞くことができ、その声こそが私たちに学びを与えてくれているのではないかと思います。

応援コメント

スマホ版を見る