LOADING

LOADING

マイプロ導入事例マイプロ伴走パートナー

全国各地の高校・行政・団体が、高校生のパートナーとして活動しています。
ここでは、マイプロジェクトのプログラムや教材を
導入している高校・行政・団体をご紹介します。

ただいま29マイプロ伴走パートナー

※一部を除く

導入をご検討の高校、行政、教育関係者の方へ マイプロ伴走パートナー、全国拡大中!

北海道 / 東北 エリア

北海道

  • 団体

    特定非営利活動法人いきたす since 2018

    特定非営利活動法人いきたすは、「カタリ場」の授業を道内の学校に届けることを主の活動として事業を営んでいる団体です。約700名の学生たちがボランティア登録しており、主に道内各地の高校を回って出前授業をしています。 マイプロジェクトでは、道内各地の高校で行われる「探究の授業」をお手伝いする良きパートナーとして展開していきます。開かれた学校を目指して、「主体的で対話的な深い学び」を追求していきたいと考えています。

    伴走者

    • 小山 直樹(こやま なおき)

      1988年生まれ。北海道夕張市出身。
      高校まで自然たくさんの地域で育ち、大学から札幌へ。
      カタリバ北海道の立ち上げから関わり、社会人になった後も教育に関わり続けています。
      高校生が自ら「やりたい!」と思ったことを実現できるようにサポートしていきます。

    • 中村 友香(なかむら ゆか)

      1995年生まれ。北海道北斗市出身。中高大と卓球部に所属し、部活動に励む。大学時代にカタリバと出会い活動を続けている。現在は、北海道教育大学大学院で数学教育について研究中。自分が思い描く未来の実現に向けて、一緒に考えていきましょう!

岩手

  • 〒028-1121
    岩手県上閉伊郡大槌町小鎚第21地割字高清水84番地5

    団体

    大槌臨学舎 since 2013

    コラボスクール大槌臨学舎(通称)は、小学校から高校生までの子ども達が通う放課後学校です。ここでは、学校で習うような授業もあれば、Skypeを使った英会話、プログラミングを習う授業など色んな事が学べます。

    数あるプロジェクトの中で、2012年度からマイプロジェクトに取り組む高校生もいます(※アワードへの初出場は2013年度)。自分の住んでいる地域や、自分の身の周りの課題のために、今の自分ができることをプロジェクト化しています。

    今まで、震災の記憶を風化させないための「復興木碑プロジェクト」や笑顔の写真を配り地域の人を元気づける「笑顔のphotoプロジェクト」等様々なプロジェクトが出てきました。

    伴走したマイプロジェクト

宮城

  • 〒986-2231
    宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字門前4女川第一小学校仮設住宅前校舎1階

    団体

    女川向学館 since 2016

    女川向学館は、NPOカタリバが運営するコラボスクールです。宮城県は女川町で子どもたちが放課後に楽しく勉強できる居場所として、2011年の夏から活動しています。マイプロジェクトは2012年から取り組みはじめました(※アワードへの初出場は2016年度)。

    女川向学館には多才な大人が集まっています。警察官、コンサルタント、青年海外協力隊、教員、大学生、会社員…南はモザンビークから北は北海道まで、経験豊富な大人たちが高校生の「行動したい」を全力で応援しています。

     

    伴走したマイプロジェクト

  • 〒988-0023
    宮城県気仙沼市南が丘2-2-12

    団体

    認定NPO法人 底上げ since 2014

    NPO法人底上げは、現在主に宮城県気仙沼市、南三陸町の高校生が仲間と集まり、自分の思いを自由に表現できる場所を作っています。高校生自身が自分で考え、主体的に行動を起こしていくことができるように常に身近な距離でサポートしています。楽しい場であることを意識しながら、一緒に話をして一緒に考え、思いを形にしていくお手伝いをしています。ぜひ、地域に限らず高校生の思いの実現に向かって一緒に楽しく話していくことができればと思います。宜しくお願いいたします。

  • 〒988-0023
    宮城県気仙沼市南が丘2-2-12

    団体

    気仙沼の高校生マイプロジェクトアワード実行委員会 since 2018

    気仙沼において、高校生一人ひとりが、地元への意識を高めながら主体性、協働性、多様性など未来を豊かに切り開いていく力を身につけることを目的に、地域の中で自分がやりたいプロジェクトを興し実践していくためのプログラムを行っています。全国マイプロの主旨や広がりに共感し、2017年から気仙沼での高校生のプロジェクトサポートの取り組みを「気仙沼の高校生マイプロジェクトアワード」という名称にしています。地域内の官民協働を中心に、全国との接続も作っていき、地域での高校生の主体性を育む取り組みが、より広がっていくことを願っています。

     

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

    ★TV放映「課題解決ドキュメント ふるさとグングン!(NHK)」の様子はこちら

     

福島

  • 〒979-0403
    福島県双葉郡広野町大字下浅見川字築地12

    高校

    福島県立ふたば未来学園高等学校 since 2015

    2.3年次の「総合的な学習の時間」、『未来創造探究』において、原子力災害からの復興に向けた地域課題解決型のプロジェクト学習に取り組んでいます。プロジェクトのテーマ設定のため、1年次の終盤から、2年次の前半にかけて、生徒自身の人生の振り返りや地域で活動している大人(ロールモデル)との出会い、また、地域へのフィールドワーク等を行い、生徒自身の興味/関心の深堀と地域課題の発見を目指します。テーマが確定したら、それにあわせた実社会での実践を行い、3年次では探究内容を論文にまとめるとともに、国内外に研究成果を発表していきます。

     

    ※授業は2年次より、6つの探究班(原子力防災班、メディア・コミュニケーション班、再生可能エネルギー班、アグリ・ビジネス班、スポーツと健康班、健康と福祉班)に分かれて実施。各探究班に教科横断の教員チームを編成し、チームでのプロジェクト学習の推進を行っています。

     

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

  • 福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替22

    団体

    コラボ・スクール双葉みらいラボ since 2017

    コラボ・スクール双葉みらいラボは、ふたば未来学園高校の生徒たちが放課後に集うフリースペースです。認定NPO法人カタリバのスタッフが常駐、運営をしています。生徒たちの安心・安全な「居場所」であると共に、大学生や社会人、地域の大人たちとのナナメの関係に溢れた、学校や家庭とも違った生徒にとっての「学びの場」でもあり、様々なことを挑戦できる「ステージ」でもあります。生徒たちは放課後、みらいラボにやってきて、勉強をしたり、自分の興味を深く探究していく学びに取り組んだりしています。

     

    生徒が放課後に行う「マイプロジェクト」は学校の探究学習に紐づいた、地域課題に向き合うテーマが大半を占めています。2018年12月にはプロジェクト実践事例発表会「ふたばマイプロジェクトアワード」を実施しました。

     

    ※学校と協働する形で、毎日平日の放課後から20時まで運営が行われています。

     

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

関東 エリア

埼玉

  • 高校

    N高校 大宮キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

千葉

  • 高校

    N高校 千葉キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

東京

  • 〒113-0034
    東京都文京区湯島4丁目7番10号(文京区教育センター内)
    http://b-lab.tokyo

    団体

    文京区青少年プラザb-lab(ビーラボ) since 2015

    b-labは、「中高生の秘密基地」です。主に文京区在住・在学の中高生世代(在勤も含む)のために誕生しました。午前9時から午後9時まで、ほぼ毎日オープンしています。b-labの主役は中高生のみなさんです。以下の3つのことを大事にしています。(1)b-labは自由な居場所です。中高生が自由に過ごせる環境を守ります。(2)b-labはきっかけに出会う場です。中高生が新たな自分の可能性に気づいたり、新たな興味関心を発見したり、様々な仲間や地域と交流するきっかけを用意します。(3)b-labは一歩踏み出す挑戦のステージです。中高生自身が主役となって、周囲を巻き込み、主体的に取り組む活動を応援します。
    ※文京区在住・在学の高校生のみ対象

    伴走したマイプロジェクト

  • 高校

    N高校 代々木キャンパス since 2017N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

    伴走したマイプロジェクト

  • 高校

    N高校 御茶ノ水キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

  • 高校

    郁文館高校 since 2017実践的探究活動・社会探究

    2017年度から、高校3年生の有志と高校2年生全員が参加する「社会探究」が始まりました。以前より、グローバル高校1年生と3年生で取り組んでいた「協働ゼミ」と同様の実践的探究活動です。生徒は社会問題を13領域に分類したトピックから選択し、現代社会が抱える正解のない課題に対して、問題提起と仮説検証を繰り返していきます。
    「社会探究」は、時間割の中に週2コマ組み込まれており、その時間に外部から出張講義に来ていただいたり、こちらから訪問したりするほか、ゼミ長の生徒を中心に、放課後に集まり議論を行うなど、自主的に活動しています。学外に出て、団体や企業、大学の協力を得ながら実社会とつながり、学びと活動の結果、新しい価値を創造し、社会に貢献することが特徴です。従来の教室での学習にとどまる一斉授業型の教育とは一線を画した、まさに21世紀型の社会学習だといえます。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★担当の先生がご登壇された様子はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

    伴走したマイプロジェクト

神奈川

  • 〒146-0092
    東京都大田区下丸子4丁目27番3−401号

    http://willdoor.org/

    団体

    一般社団法人ウィルドア since 2016

    部活や受験等忙しい日々に追われるなかでも、何かのキッカケに心動かされ一歩を踏み出していく高校生たち。そんな高校生に対して「力になりたい」と感じる大人たち。
    一般社団法人ウィルドアでは、それぞれが「良いなぁ」と感じる未来に少しでも近づいていけるよう、高校生たちの思いと活動の伴走とともに、学校や地域、教育に携わる企業・NPOを応援しています。

    ※高校生の伴走は、主に神奈川県(特に横須賀市)を中心としております。

    伴走したマイプロジェクト

    伴走者

    • 竹田 和広(タケダ カズヒロ)

      1992年生まれ。大学在学中に起業。地域や社会に対して「自分にもできることがあるかも」と思える感覚を大事に、在りたい姿に一歩前に進むきっかけとなる「人」や「機会」をつなぐ活動を行っています。
      活動は神奈川中心ですが、全国にいるハミダシ高校生も応援中!

    • 武口 省吾(タケグチ ショウゴ)

      1986年生まれ。私自身の高校時代には、やりたいことも、得意なことも見つかりませんでした。
      自分にできる何かや、心の動く出来事には出会うための「自分に対して期待を持ち、一歩踏み出す勇気」をサポートします。

  • 高校

    N高校 横浜キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

  • 行政

    川崎ワカモノ未来PROJECT since 2016

    主催:川崎市  運営:NPOカタリバ

     

    『川崎ワカモノ未来PROJECT』は川崎市をフィールドに、自分の身の回りや地域・社会の未来づくりにチャレンジしたい高校生を対象としたイベントです。『川崎市』をキーワードに、高校生ならではの目線で「こうあってほしい地域・社会」をつくるためのプロジェクト創出とその実行に取り組んでいます。 平成28年度よりスタートした「川崎ワカモノ未来PROJECT」に参加した高校生たちは、イベント終了後も様々な活動を続けています。川崎市では、これらの取組を若者が地域に関わり続ける好循環へと繋げ、市の目指す多様な主体によるまちづくりを推進しています。

     

    ★活動当日の様子はこちら

     

     

中部 エリア

愛知

  • 高校

    N高校 名古屋キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

近畿 エリア

京都

  • 団体

    Tomos-人のココロに火を灯す since 2018

    京都府福知山市を中心に、京都府北部地域に関わる人に向けて「新しい発見や異なる考え方に出会い、自らのミライ(将来)を主体的に描け、行動できるヒトを増やす」ことを目的に、多世代との出会い・交流する機会を創っています。
    高校生の「やりたい!」想いを一緒にカタチにしています。

    2015年2月22日に出会った高校生ミライ会議in福知山より、約4年にわたって活動しています。

     

    お問い合わせはこちら:tomos.future★gmail.com(★→@)

     

  • 団体

    マイプロジェクト京都実行委員会 since 2018

    全国高校生マイプロジェクトの取り組みに共感した有志メンバーが集い、京都府下またはその周辺地域において、
    ①高校生マイプロジェクトの普及活動
    ②高校でのカリキュラム導入に向けてのサポート
    ③地域での伴走者ネットワークの形成
    を目的として活動しています。
    高校生の探究型の活動を進めることのできるプラットフォームを作っています。
    そして高校生同士が仲間づくりができる場を創出し、ミライに向かって一歩踏み出す勇気を応援していきます。

     

    お問い合わせはこちら:mypro.kyoto★gmail.com(★→@)

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

     

    伴走したマイプロジェクト

大阪

  • 高校

    N高校 心斎橋キャンパス since 2017N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

    伴走したマイプロジェクト

中国 / 四国 エリア

島根

  • 〒699-1342
    島根県雲南市木次町平田506番地

    高校

    認定NPO法人カタリバ 雲南拠点

    2015年4月、島根県雲南市に誕生したカタリバ雲南拠点。中高生の土曜日を充実させる様々なキャリア教育プログラムを届けたり、放課後の学校でマイプロジェクトの相談にのったりしています!雲南市にも一生懸命マイプロを頑張っている高校生もいるので、ぜひ遊びに来て、みんなの思い描いているマイプロを語ってくれれば嬉しいです。もちろん、みんなのマイプロを全力でサポートしたいと思っているので、気軽に相談してくださいね。

    伴走者

    • 生田 裕規(イクタ ヒロキ)

      奈良県生まれの犬好き30歳、標準語を使いこなす関西人。中高の6年間を「男子校」という異世界で過ごしていました。まさにカオス。大学時代は学生 NPOで活動して、海外の大学生を日本の企業に受け入れるサポートをしていました。卒業後は東京で幼児教育の仕事、そして今は島根でカタリバの仕事に取り組んでます!

    • 鈴木 隆太(スズキ リュータ)

      1988年7月21日生まれ。AKB48の大島優子、広島カープのマエケン、ドルトムントの香川真司と同じ「88世代」。幼稚園~高校まではサッカー漬けの毎日。大学では東南アジアを中心にバックパックで旅をしていました。大学卒業後は東京、大阪で働き、現在は島根県雲南市での「教育」の仕事に日夜奮闘中!

岡山

広島

  • 高校

    広島県立大崎海星高等学校 since 2018

    瀬戸内海のほぼ中心に位置する離島、大崎上島に位置する広島県立大崎海星高等学校。統廃合の危機をきっかけに地域と高校が一丸となり、高校魅力化プロジェクトがスタートした。全国募集をして教育寮「コンパス」で生徒を受け入れている。また、公営塾「神峰学舎」を設置して学力支援に取り組み、さらに、ここでしかできない地域連携キャリア教育を追求する「大崎上島学」に力を入れる。各学年の羅針盤学・潮目学・航界学という3つの学びを通じて、答えのない世界を航り歩く「時代の航界士」を目指す。「みりょくゆうびん局」という部活動を中心にいくつものプロジェクトを立ち上げており、授業はもちろん有志で取り組む地域連携のプロジェクトには生徒主体で取り組む。生徒が主体となって新しい学校づくりに関わり、それらを地域や学校が全面的に支援している。学校間連携のPBLや高校生サミットなど斬新なアイデアを前のめりで形にする高校である。

     

    ★大崎海星高校のHPはこちら
    ★大崎海星高校魅力化サイトはこちら

    ★「高校生地方創生サミット2018」の様子はこちら

    伴走したマイプロジェクト

九州 / 沖縄 エリア

福岡

  • 〒802−0006
    福岡県北九州市小倉北区魚町3−3−20 中屋ビルB1

    団体

    北九州まなびとESDステーション since 2014

    北九州まなびとESDステーションは、まち全体をキャンパスに、大学生を中心に市民が楽しく学ぶことを推進することを目的にしています。北九州市内にある10の大学(西南女学院、九州国際大学、九州工業大学、北九州市立大学など)が連携して運営しています。大学のキャンパスを飛び出して地域の方と楽しい講座や、誰かが喜ぶためのプロジェクトを行う拠点です。

    小学生からご年配の方までが集まる「誰もが先生、だれもが生徒。人が集まり、人がつながり、何かが生まれる。楽しい学びが未来を創るがコンセプトです。多くの高校生も勉強や地域活動のために集まっています。小倉のまちの真ん中にあるステーションぜひ、覗いてみてください。

    伴走者

    • 原水 敦(ハラミズ アツシ)

      鹿児島生まれ、茨城育ち、北九州市出身。国際系NGOでの活動を経て、工学部卒で福祉の世界へ。2007年に学生と共にNPO団体Uppleをたちあげ、地域のこどもたちと共に長期の自然体験キャンプをを主催。
      キーワードは「自然体験」「カンボジア」「福祉」
      福岡カタリバ代表

    • 宮原 昌宏(ミヤハラ マサヒロ)

      大阪生まれB型。ヨットとスキーが好き。サラリーマンからニートを経て、現在はなぜか教員。最近はインドネシアに行き、その人の良さ明るさに感動し、豊かに生きることとははにかを考える日々。
      高校生や大学生と心から笑っていることのできる「社会づくりを考えたいです。

  • 高校

    N高校 福岡キャンパス since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子はこちら

     

長崎

  • 高校

    長崎県立五島高校 since 2018バラモンプラン(総合的な学習の時間)

    五島高校では、平成28年度より総合的な学習として「バラモンプラン」を開始しました。バラモンプランの目的は大きく3つあります。1つ目は、探究学習を通して自分の進路を見極め、新入試に対応するためです。また、課題研究を通して主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を育てることです。2つ目は、教科の学習だけでは学ぶことのできない、社会で活躍するための資質・能力を身に付けることです。試行錯誤をすることを通して、自分で考え行動する態度を育てることです。3つ目は、私たちの住む五島の魅力を再発見し、その魅力を発信するためです。様々な角度から五島を探究し、五島のポテンシャルを自分たちだけではなく、多くの人に知ってもらいたいと考えています。以上3つの目的を具現化するために、1年生で五島や社会について探究をし、2年生で課題研究を行い、3年生での進路学習につなげます。

     

    ★活動詳細はこちら

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

     

    伴走したマイプロジェクト

    伴走者

    • 樫本英人(かしもと ひでと)

      長崎市出身。教員歴9年目、五島高校5年目(2019年度)。五島高校の総合的な学習の時間「バラモンプラン」の主担当。「社会探究型課題研究」を実施。バラモンプランでは、学校をできる限りオープンにして、生徒には社会と接点を持たせ、リアリティのある教育活動に取り組めるような環境作りをしている。

    • 辻忠(つじ ただし)

      五島市出身。教員歴14年目、五島高校3年目(2019年度)。1学年の総合的な学習の時間「バラモンプラン」主担当。五島市の大人と子どもがタッグを組み、五島を開発する取組を展開していく予定。地域活性化、郷土愛の育成、人口減少対策を主なねらいとして活動している。

宮崎

  • 団体

    APEえびの since 2018

    宮崎県えびの市からワクワクすることを発信するをコンセプトに活動しています。
    高校生~大人と様々なメンバーで構成された団体で、主に「高校生による地域プロジェクトの立ち上げと支援」を行っています。
    えびの市や地域の方々、宮崎県内の高校を巻き込みながら、プロジェクトづくりの合宿(えびのカイギ)と『全国高校生MY PROJECT AWARD 2018 宮崎えびの大会』を開催。高校生の主体的な学びの輪を広げています。

     

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

     

沖縄

  • 団体

    沖縄マイプロジェクト実行委員会 since 2015

    沖縄マイプロジェクト実行委員会は、2014年に全国高校生鎌倉カイギに参加した高校生の「沖縄を良くしたい」というマイプロジェクトを応援するために始まりました。これまで沖縄の高校生が取り組んできたマイプロジェクトには「沖縄県知事立候補予定者へのインタービュー」「犬猫の命の大切さを伝えるために幼稚園で絵本の読み聞かせ」「平和の大切さを伝えるために高校生による対馬丸記念館のガイド」などです。サポーターには、高校の教諭、新聞記者、行政職員、会社員、NPO職員など様々な大人がいます。沖縄マイプロジェクト実行委員会では、高校生のマイプロジェクトを応援していますので、プロジェクトに取り組んでいる高校生は相談してくださいね。

    ★マイプロジェクト発表会の様子とメディア掲載はこちら

    伴走したマイプロジェクト

    伴走者

    • 東濱 克紀(ありはま かつとし)

      沖縄生まれ。小中高とサッカー部に所属。高校生の時に「沖縄県少年の船」に参加して、将来は教師になりたいと思う。大学卒業後は、民間企業、NPO職員、高校教師などの勤務をして、高校生のマイプロジェクトのサポーターを行っている。「学校と地域をつなげる教育の実践」がテーマ。

    • 国仲 瞬(くになか しゅん)

      株式会社がちゆん代表取締役社長兼CEO 1992年生まれ、沖縄県出身 琉球大学教育学部在学中
      「言動力を沖縄を動かす原動力にする、沖縄が動けば世界に波及する。」という想いの下、2013年に学生団体の活動を開始。わずか348日で法人化。 「平和共育」などの新たな概念を生み出し、修学旅行生向けの教育事業を展開する沖縄発若手経営者。

    • 金城 円(きんじょう まどか)

      東京生まれ。沖縄育ち。中学校はバスケットボール部、高校はハンドボール部にて日々部活に励む。大学時代にNPOと出会い、インターンシップ等を経て教育系の学生団体を立ち上げる。現在、「視点は郷土、視野は世界」をモットーに教育の観点から地域づくりに取り組むNPO職員。

    • 金城 悠(きんじょう はるか)

      東京沖縄生まれ育ち。中学高校時代は、ソフトテニス、ハンドボールに熱を入れ、大学生時代はNPOに熱が入る。社会人になった今もNPOに所属し、「視点は郷土、視野は世界」をモットーに、地域づくりや人づくりに関わる仕事をしている。野村流伝統音楽協会、沖縄横笛協会に所属し、古典芸能の活動に日々奮闘中。

    • 門林 良和(かどばやし よしかず)

      興南中学校・高等学校教諭
      “自分が動けば、社会が動く”をモットーに、教室で世の中の問題と主体的に向き合う「よのなか科」を実践。2011年「教室と世の中の津梁となる社会科授業の実践」で読売教育賞最優秀賞受賞。大人でも難しい問題に対して生徒と共に学ぶ姿勢を常に持ち続け、生徒と社会がつながる機会を作り続けている。

    • 宇栄原 健夫(うえはら たつお)

      1987年生まれ、沖縄県出身
      興南中学校・高等学校教諭
      大学在籍時にNPOカタヤビラの一員として高校生のキャリア支援に取り組む。卒業後教壇に立ち、紛争状態を体感する「チョコレート戦争」など、生徒達の興味関心を惹く授業実践を数多く実施。その発想力と授業力は学校内外からも評価が高い。学びの魅力を発信し続ける人気教諭。

  • 高校

    N高校 ネットコース since 2018N高マイプロジェクト

    半年以上の長期的なスケジュールで、興味、関心のある分野で自らプロジェクトを立ち上げ、アクションを積み重ねていく長期実践型のプロジェクト型学習「N高マイプロジェクト」を行っています。 通学コース、ネットコースの有志生徒が対象です。各キャンパスでは毎週水曜日の7時限目に授業を行っています。また月のはじめにはネットコースの有志生徒も含め、全国各地のキャンパスをつないだonline授業も行っています。 N高マイプロジェクトでは、自分のやりたいことを突き詰めて最後まで“やりきる”経験をすることで、これからの自分の「学びたい」を発見することを、最終的な目標にしています。

     

    ★活動詳細はこちら

     

    伴走したマイプロジェクト

スマホ版を見る