LOADING

LOADING

マイプロニュース

【レポート/メディア掲載】岡山・井原市でコノユビトマレ合宿を開催!

2018.6.15

レポートメディア掲載

「備中志事人」主催のマイプロジェクトスタートアップキャンプ「コノユビトマレ合宿@井原」が終了しました!

高校生だけでなく中学生、そして大学生や大人も含めた約65名が集結。

 

今回は、岡山県備中地区を中心に活動する『備中志事人』を中心に『認定NPO法人カタリバ』『NPO法人だっぴ』そして『NPO法人青春基地』とのコラボが実現。

若者と大人が一緒に「よりよい自分」「よりよい社会」「よりよい未来」を実現するためのマイプロジェクトを創る1泊2日の合宿イベントが開催されました。
 

 

***

1日目のスタートは、自分を語る時間。

様々な年代の参加者が入り混じったグループでの発表です。

「チェックイン」の時間で今の素直な気持ちを伝えた後は、それぞれの自己紹介タイム。

 

 

少し緊張がほどけてきたところで、「トーク」の時間が続きます。

 

問いかけられた質問は「あなたがしあわせだと思うのはどんなとき?」

そして「豊かに生きるために欠かせないと思うものは?」・・・

その後も、様々な質問に対する「私の考え」を発表する参加者たち。

 

 

そして午後はいよいよ「マイプロジェクト」に向けたワークへ突入します。

まずは、マイプロジェクトとは何かを、経験者が話します。

「マイプロジェクトの魅力とは?」

「やってみてよかったことは?」

 

 

マイプロジェクトのイメージがついたら、次は実際にマイプロジェクトを考えてみる時間です。

既にプロジェクトが何となく頭にある子もいれば、

まだ迷っていたり、何も頭に浮かんでいないという子も様々。

それぞれの段階に分かれての、グループワークが始まりました。

 

 

2日目のアイスブレイクは体操からスタート。

心とからだが温まったところで、1日目に引き続きみんなでプロジェクトを考える時間となりました。

 

 

「こういうことをやりたいけれど、そのために何をすればいいんだろう」

「やりたいことは決まったけれど、どうやって進めればいい?」

子どもたちの思いを、大人が受け止め、そして質問を投げかけます。

 

最後は小グループに分かれ、みんなで考えたプロジェクトの発表会。

高校生や大学生にも負けじと、中学生も思い思いのプロジェクトを発表していました。

 

 

多様な年齢層が集まった会場は終始、熱気に包まれていました。

それぞれのオリジナリティがつまった、様々なプロジェクトが誕生しています。

 

 

岡山県備中地区を中心に若者と大人の協働の場づくりを通して、
よりよい未来を「ジブンゴト」として一歩を踏み出す全ての人を応援する団体『備中志事人』。

今回誕生したプロジェクトの実行を支えるべく、これからも活動が続きます。

 

***

 

今回のイベントの様子は地元のテレビでも取り上げられました!

 

さらには、山陽新聞(地域版)への掲載も。

記事の内容は下記をご覧ください。

 

この記事を広める!

月ごとに見る

スマホ版を見る