LOADING

LOADING

マイプロジェクト

地域Summit

2017.1.10

【MY PROJECT AWARD】出場者インタビュー(2)「今思えば、アワードに出ていなければただの田舎の高校生で終わっていたと思います。」

 

全国高校生MY PROJECT AWARD 出場者Interview(2)

かずさん(当時高校3年生)

★全国高校生MY PROJECT AWARD2015 学校部門第2位

 

かずさんたちのMYPROJECT|「温泉で地域を元気に!」

「2040年ごろ、全国各地に消滅可能性都市が出てくる。」というニュースにふるさとが
リストアップされていたことをきっかけに、生まれ育ってきたえびの市を元気にするために
何か行動を起こそうと始まった活動。観光資源として可能性のある温泉郷を中心に
地域活性化を考え、地域経済分析システムRESASによる分析や街頭アンケートや
市長への政策提案などを実施した。

 

Interview|

ー 昨年アワードに参加しようと思ったきかっけや理由はなんでしたか?

実は私たちが行ったプロジェクトはアワードに出すためにやったのでは無く、学校の学習成果発表会のためにやったんです。だから、本当のことを言うとマイプロであったり、アワードだったりは昨年の1月まで知りませんでした。笑
でも、いつかこんな活動している高校生たちと話してみたいと思っていたので学校の先生が「アワードに参加してみないか」と言ってくれたときは純粋にうれしかったです。だから、先生にはメンバー全員感謝しているんです。

 

ー アワードに出場した感想を教えてください!

実際に参加してみると、ただただメンバー4人あ然とすることだらけでした。
必死に自分の伝えたいこと、やってきた活動内容を発表するために築地本願寺の部屋で
練習している姿。悩んでいる高校生のために豊富な経験や知識から真剣な眼差しで
アドバイスしている姿。この姿を見て「俺たち大丈夫かな…」と話したのを覚えています。笑
本番では、がちがちに緊張しましたが自分たちの力を出し切ることが出来たと思います。
今思えば、アワードに出ていなければただの田舎の高校生で終わっていたと思います。

 

ー 出場した後に起きた変化や影響は何かありましたか?

アワードに出て、より地元愛は強まりました。今でもメンバーに会うと
「えびのでこんなことしてみるとおもしろいんじゃないか」という話を自然としています。
これはアワードに出ないと強まらなかったと思います。
そして、アワードで出会った高校生、大学生、大人の皆さんともつながりを持つことが
出来たということも大きな変化です。このつながりをもっと深め、広げていけたらとてもおもしろいことになるんじゃないかとワクワクしています!

 

ー 今年の出場者(挑戦者)へメッセージをもらえますか?

迷っている人の中には「自分の活動はたいしたことないしなぁ」とか思っている人もいると思います。でも、そんな人もこの場を経験した私たちにも共通していることはこの社会を変えたい!地元を元気にしたい!という思いがあるからだと思っています。だって、この思いが無ければ活動なんてしなくてもいいんですから。この場を経験すると違う自分に出会えます!そして、全国に多くの仲間を作ることができます。
出ないと後悔しますよ!!笑
僕たちもみなさんのマイプロ聞きたいです♪

 

 

ー 最近の近況について教えてください

今、それぞれが大学に進学し自分の目標に向かって走り出しています。大学4年間で学んだことを地元に持ち帰り新しい何かを作っていきたいと思っています。私はいま、宮崎大学 地域資源創成学部に所属しています。宮崎県の活性化に向け講義を受けています。まだ、具体的なアクションには移せていませんが多くの宮崎県の抱える課題を解決に導けるようなプロジェクトをこれから作り上げたらと思います。

 

ー かずさん、ありがとうございました!

 


 

現在「全国MY PROJECT AWARD2016」の出場者エントリー受付中です!

受付期間は2017年1月31日(火)まで。

エントリー・詳細はこちらから:http://myprojects.jp/award/award2016/

 

□全国Summit(文部科学大臣賞授与!)2017/3/24(金)~26(日)
□東京大会   2017/2/11(土)
□関西大会   2017/2/12(日)
□北九州大会  2017/2/25(土)
□東北大会   2017/3/4(土)
□online大会 2017/2/27(月)ー3/4(土)

 

▼かずさんたちも出場した昨年の様子をmovieでご覧いただけます。

Categoryカテゴリーごとに見る
伴走者 伴走者インタビュー パートナー お知らせ イベント プログラム レポート 高校生インタビュー メディア掲載
Monthly月ごとに見る