LOADING

LOADING

全国高校生 MY PROJECT AWARD 2016 2017.3/25Sat.-3/26Sun.

scroll

イベントは終了しました!

今年はこんな熱いアワードでした!REPORT

マイプロジェクトアワード 2016 レポート

“学びの祭典”  全国Summit

2017年3月24日(金)〜26日(日)「全国高校生 MY PROJECT AWARD 2016 全国Summit」を開催しました。4回目となる今年は、222プロジェクトからのエントリーが集まりました。その中から地域・Online大会で32プロジェクトが『All Star Team』として選抜され、全国Summitで一同に会し、多くの大人からのアドバイスや高校生同士がお互いの活動から学ぶ、“学びの祭典”が開催されました。

 

<All Star Team 32プロジェクト一覧>

個人・グループ部門:
東北大会  世代間交流(岩手)
      高校生で街に彩を(岩手)
      ホヤの魅力を全国へ(宮城)
東京大会  ひみつのおてつだいやさん project(東京)
      エシフル(神奈川)

関西大会  魅力の再確認で底力発揮!!(兵庫)
      AEDi(和歌山)
      Smile&Home team~ほほ笑みあふれるとこなんです!~(島根)

      しなやかな心プロジェクト(徳島)
北九州大会 夢を本に!!(福岡)
      link ring song プロジェクト(福岡)
      高1が届けるクマモトの声(熊本)
online大会 山梨の隠れた魅力を発信(山梨)
      がまだすKUMATOMO(京都)
      広がれ!私達の「笑顔の輪」物語(徳島)
      CHA(茶)X PROJECT (沖縄)

 

学校部門:
東北大会  手焼き南部せんべいの可能性(青森県立名久井農業高等学校)

      俺達のOtOMeジェラート!(宮城県農業高等学校)

      豆ガールズプロジェクト(山形県立置賜農業高等学校)
東京大会  銚商夢市場プロジェクト(千葉県立銚子商業高等学校)
      「市松COSMOS」半径5km内の地域貢献活動

     (松戸市立松戸高等学校)

      Kamakura English Tour(神奈川県 鎌倉学園高等学校)
      幻の里芋「開成弥一芋」の種の保存と普及活動~私たちの2年間~

     (神奈川県 県立吉田島総合高等学校)

      被災地に緑を!~全国の高校生と挑戦した環境保護活動~

     (静岡県 県立富岳館高等学校)

関西大会  堂上蜂屋柿ActivationPro〜美濃加茂市から世界へ発信!!〜

     (岐阜県 県立加茂農林高校)
      日本の家庭から急須は無くなってしまうのだろうか?

      検証&普及プロジェクト ~急須に想う日本の心~

     (兵庫県 私立甲南高等学校)

      『ハートフルアクション』~高齢者の安否確認

      (ハートフルチェックボランティア)からのstep up~

     (和歌山県 県立熊野高校)
北九州大会 石段の家プロジェクト(広島県 呉工業高等専門学校)
online大会 高校生による情報モラルワークショップ(岐阜県 県立岐阜総合学園高等学校)
      広めたいねん!!フェアトレード(大阪府 府立豊中高等学校)

      生物多様性ならプロジェクト-愛知目標13 紀伊山地系統シコクビエの里帰り-

     (奈良県 県立御所実業高等学校)
      目指せ!美肌県No.1~食で愛媛の魅力を再発見~(愛媛県 済美高等学校)

 

 

| 3月24日(金)全国Summit BrushUP DAY

3月24日(金)バンクオブアメリカ・メリルリンチ東京オフィスに集結し、プレゼンテーションの最後の磨き上げを丸一日かけて行いました。アドバイザーとなるのは、マイプロジェクト実行委員会のファシリテーターの方々やバンクオブアメリカ・メリルリンチの社員の皆さま、そして特別ゲストとしてマイプロジェクトスペシャルアドバイザーの井上英之さん(慶應義塾大学 特別招聘准教授)もお越しくださいました!

 

チームに分かれてお互いのプレゼンテーションを聞いたり、アドバイザーの皆さんからの意見を取り入れながら、自分たちのプレゼンテーションをより伝わりやすいものへ…これまでやってきたことを改めて振り返る時間になりました。

 

 

| 3月25日(土)全国Summit DAY1

全国SummitDAY1は、All Star Team全員がプレゼンテーションを行い、審査員や観覧の高校生等から質疑応答やフィードバックをもらいながら、自分のプロジェクトについて深める1日です。

 

 

まずはAll Star Teamの入場と表彰から。大会ごとに選ばれたプロジェクトがステージにあがり、32プロジェクト全員に「全国優秀賞」が贈られました。代表者に賞状を授与したのは、昨年の出場者で、高校生特別賞を受賞したきなりさん。きなりさんは、DAY1の司会と高校生特別賞の授与も担当しました。

 

 

DAY1では全員が3回プレゼンテーションを行います。All Star Team memberの表情は真剣そのもの…

プレゼンテーションの中で感極まって涙する高校生の姿も。審査員の皆様からは、時には温かい言葉を、時には鋭い指摘をもらいながら、全員が全力で発表を行いました。

 

DAY1の締めくくりは、All Star Team Party!高校生の乾杯の挨拶(お茶とジュースで!)でスタートです。全国から“ご当地のお菓子”も持ち寄られ、審査員や運営スタッフも入り混じりながら、自分のプロジェクトについて語ったりアドバイスをもらったり、記念写真を撮ったりと盛り上がりました。

 

 

| 3月26日(日)全国Summit DAY2

全国SummitDAY2は、全員の前で代表発表を行う8つのプロジェクトが発表され、その中から文部科学大臣賞が決まります。誰が代表発表者に選ばれるのか…緊張感と、絆を深めたAll Star Team member同士の一体感が入り混じった高揚感が会場を満たしていました。

 

豪華なDAY2審査員の皆様を前に、緊張感も高まります。

 

代表発表に選ばれ、賞を受賞した8つのプロジェクトは、下記の通りとなりました。

 

★文部科学大臣賞

個人・グループ部門:

「AEDi (和歌山県)

年間7万人の心臓突然死を減らす為に使用率3.7%のAEDをもっと有効活用するため、現場までの地図をAED本体に、アラートをAEDBoxに搭載した【AEDi】を導入。BOXがアラートを鳴らし、AED周辺の人がAEDの地図誘導により迅速に、119番通報1つで現場へAEDを届けられるようにした。
 

学校部門:

被災地に緑を!~全国の高校生と挑戦した環境保護活動~(静岡県 県立富岳館高等学校)

宮城県鳴瀬川の河口から津波が侵入し沿岸全域で壊滅的な惨状となった。現在堤防では法面緑化が行われているが、海岸で見られる塩・乾燥ストレスが法面のシバの生育を抑制、整備の課題となっている。開発したエコ資材で被災地の現状を改善、東北の幼稚園児等にエコ授業を実施、被災地の子どもの心を育んだ。

 

★特別賞

Best Ownership Award
個人・グループ部門:ホヤの魅力を全国へ(宮城県)

 

Best Action Award
学校部門:Kamakura English Tour(神奈川県 鎌倉学園高等学校)

 

Best Spirit Award & 高校生特別賞 同時受賞
学校部門:堂上蜂屋柿ActivationPro〜美濃加茂市から世界へ発信!!〜
(岐阜県立加茂農林高校)

 

Best Creative Award
学校部門:「市松COSMOS」半径5km内の地域貢献活動
(千葉県 松戸市立松戸高等学校)

 

Best Collaboration Award

個人・グループ部門:高校生で街に彩を(岩手県)

 

Best Theme Award
個人・グループ部門:高1が届けるクマモトの声(熊本県)

 

 

 表彰式の後は、このメンバーで過ごす最後のワークショップ

今回の全国Summit運営メンバーの中に、地域大会に出場するもAll Star Teamに選ばれなかった高校生がスタッフとして参加していました。ライバルだった仲間を影で支えてきた高校生たち。3日間を締めくくる最後のワークショップは、そんな高校生が出場者たちの前で自分の気持ちを話してくれることから始まりました。

 

最後の代表発表に選ばれなくて悔しかった気持ち、認めてもらえなくて辛かったこと、プロジェクトをやりきる苦しさを支え応援してくれた人たちのこと…All Star Teamとしてこの場に立っている高校生たちも、自分の本音と向き合い、語り合い、感じたことを言葉にしていきました。この3日間だけにとどまらず、マイプロジェクトを経験した自分のことを深く考え、そんな自分が進む未来について思いをはせる時間になりました。(また高校生のワークショップと同時並行で、教職員・行政・社会教育団体やNPOなど様々な立場で高校生に関わる方を対象に、鈴木寛さんによる講演会を開催しました。)

 

最後はみんな笑顔で。

全国高校生マイプロジェクトアワード2016の全日程が終了しました。

 

All Star Teamの皆さま、本当に素晴らしい発表をありがとうございました!

また、ご来場くださった皆さま、一緒に高校生を応援してくださった同志として、心から感謝しております。

 

全国高校生マイプロジェクトアワード2017でお会いできることを、楽しみにしております。

 


 

|参加したAll Star Team高校生の声

 

▼最後のワークショップで大人の方がうなずきながらすごく私の話を聞いてくださって嬉しかった。会って2、3日の関係なのに親しい友達にも話せないことさえ、ここでは話せたことにびっくりした。そして、同じようにマイプロジェクトをしている人とこうやって繋がることが出来て良かった。共感することばっかりではなく、新しい発見も多くて学ぶことが多かった。逆に自分だったらここはこうするな、とか自分と照らし合わせて考えることが出来た。今までの自分だったら、ただ人の発表聞いて「終わり」って感じだったけど、今はそれプラス人の発表から学ぶことが出来ているのが大きな1歩だと思った。

 

▼今回マイプロジェクトアワード全国summitに参加できて、本当に楽しかったし、たくさんのことを学べました。私の地元にはマイプロをやってても共感してくれる人は少ないのですが、この全国summitで、同じ想いを持った高校生や大人の方とたくさん出会って繋がれて嬉しかったです。こんな素敵な人たちと出会えて本当によかった。お互い地元に帰っても気持ちが同じ仲間が全国にいると思うと心強く思えます。また、自分自身について考える機会にもなりました。全国各地のすごい人たちをたくさんみて、私もこんなふうになりたいと指針を得られました。私はマイプロをグループでやっていて、誘われて活動を始めたけど、将来は自分のマイプロをおこして、自分も誰かを巻き込んで行きたいと思うようになりました。

 

▼全国Summitに出場してみて、MYPROJECTって思いがいっぱいつまって、その人にしかできない活動なんだなと気付くことが出来ました。またMYPROJECTは、「思いそのもの」なんだなと思いました。私たちのPROJECTは、課題研究をきっかけにスタートしました。今振り返ってみると、活動していく最中で見つかった課題を解決するために解決策を考えることと、その解決策を実行に移すことだけで精一杯だったなと思います。 全国Summitに参加して、たくさんの課題が見つかりました。「学びの祭典」というだけあって、本当に学びがたくさんある3日間でした。そして、今後の課題とやりたいことも見つかる最高の3日間でした。

 

あの人みたいになりたいと思った。あの人を見て勇気づけられた。ドキドキするくらいの刺激を受けた。憧れは、人生を加速させる。今度は自分がなる番だ。それは次の世代が追いかける憧れかもしれないし、同世代への最高の刺激を届ける存在かもしれない。観客席じゃなく、アリーナに立とう。自分のマイプロジェクトを伝えよう。それがきっと、誰かの憧れになる。その少しの勇気が社会を変える力になる。3月26日。プロジェクトを行ってきた高校生が全国から集まってくる。誰にも負けないぐらい、地道に向き合いながら行ってきた人もいる。誰にも負けないぐらい、身の回りの課題を調べ尽くした人もいる。誰にも負けないぐらい、好きなことをやり抜いた人もいる。高校生のみんなにとって、きっと生涯忘れられない日になる。全国高校生MY PROJECT AWARD、今年も開幕!

クリックで拡大できるよ!AWARD PHOTO

AWARD MOVIE

過去のAWARDはこちら

SPECIAL EXPERIENCE

緊張したけど自信がついた!

多くの人の前でプレゼンテーション

プレゼンテーションは「振り返り(リフレクション)」の機会。活動と自分自身について時間をかけて振返り、言葉にして発表することで、さらなる目標が見えたり、新しい気づきや学びが必ずあります。あなたの可能性をさらに広げる機会です。そして何より、あなたに共感する応援者ができるはず。

かっこいい大人が真剣に見てくれる!

各界の第一線で活躍する大人からの
真剣フィードバック

政治・ビジネス・社会起業など、様々な分野で世界にイノベーションを起こし各界の第一線で活躍する大人たちに対して、真剣勝負のプレゼンテーション。大人たちも真剣にみなさんのプレゼンに対して、アドバイス、フィードバックをくれます。この機会はさらに前に進むチャンスです。

また集まると誓った日!

この仲間との出会いは、一生もの

参加してくる高校生は、全員がマイプロジェクトをやり抜いてきた高校生。どこかで困難を乗り越えてきたはずだし、前向きにチャレンジしたきたはず。そんな苦楽を味わった同世代との出会いから、一生ものの仲間ができます。もう前に進めなくなった時にに頼る仲間がいること。それはあなたにとって、かけがえのない宝物になるはずです。

STEP for AWARD

エントリーから受賞までの流れ

MY PROJECT AWARDに挑戦しよう。まずはWebエントリーから!

全大会の審査員をご紹介!GUEST

審査員

全国summit司会

(五十音順)

審査員は順次追加していきます!
定期的にこのページをチェックしてね!

エントリー前にしっかりチェック!OUTLINE

募集要項

AREA & ONLINE JUDGING

地域・オンライン大会

書類選考に通過した方は最寄りの会場の地域大会、もしくはオンライン大会に参加してください。

前回のアワードの結果

2015年 総合表彰

いろんな特別賞があるんです!2015年 特別賞

参加した人たちの感想は!?VOICE

スマホ版を見る