LOADING

LOADING

マイプロジェクト

地域Summit

2019.10.15

【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「高校生と一緒に走る!」

高校生が川崎のまちを舞台に、自分でプロジェクトを企画し実行する「川崎ワカモノ未来PROJECT」(以下カワプロ)。

4年目の今年も、高校生たちが自分たちの「やってみたい」を形にしようと活動しています。

 

 

8月のキックオフから2か月が過ぎようとしています。
この間、高校生たちは自分自身の立ち上げたプロジェクトを進めていますが、カワプロには、その高校生を励ましゴールまで一緒に走ろうとする「メンター」も参加しています。

「メンター」は、カワプロの企画趣旨に賛同し、ボランティアとして協力してくれている大学生です。
大学の授業やアルバイトで忙しい中、時間を作って高校生のプロジェクトに関わろうとする彼らが、今感じていることを聞いてみました。

 

▼「にっとん」こと日戸勇希さん(上掲写真右)

教職課程を履修した日戸勇希さん(大学4年生)は、今回初めてカワプロに参加しました。

 

-カワプロに参加したきっかけは?

カワプロの前には、出張授業の「カタリ場」にボランティアとして参加していました。
高校の中で授業の一環として行われる「カタリ場」は2時間だけの世界。
その中で濃密に高校生と話すのも充実した時間で、やりがいのあるものでしたが、もっと中長期で高校生の成長に関わりたいという意欲が僕の中にありました。

 

-参加してみてどうでしたか?

実はもっと「意欲的でない子」が参加してくるのかなと思っていました。
カタリ場では学校の授業だから仕方なく参加する子も多かったし、そういう子と関係を作ることにも慣れていたので、そういうものかなと思ったのですが、実際にはみんなとても積極的で驚きました。

この⼦たちを応援したいという気持ちが強くなりました。

 

-大学生活も忙しくて、高校生の伴走をする時間を作るのは難しかったのでは?

最初はLINEで連絡していたのですが、なかなか話が進まなくて、直接会って話したいなと思いました。
でも、カワプロCafeだと2週間ごとだし、都合が合わないときもあるので、どうしようかなと思って。
そこで、「ミニカワプロcafe」として、二人で日程を合わせて会うことにしました。
やっぱり直接会うと話が弾むし、とても楽しいです。

 

▼「もえ」こと常石萌恵さん(上掲写真左)

教育学を専攻している常石さん(大学2年)は、高校での探究授業の伴走経験を経てカワプロに参加しました。

 

-カワプロに参加したきっかけは?

高校の探究授業のサポートを半年間やらせてもらって、高校生がどんどん前向きになって、自分のプロジェクトに意欲的に取り組む過程で成長していく姿を見て、私自身もとても刺激になりました。
ですが、高校の中という枠を「制約」「壁」と感じることもありました。
カワプロは、制約の無い自由な探究の場として魅力的だと感じて、その中で活動する高校生たちを応援したいと思いました。

 

 

-参加してみてどうでしたか?

今回担当した高校生がアフリカの布やファッションに興味があって、一緒にファッションショーに行ったんです。
そのショーの会場にいくつかお店が出ていて、プロジェクトを進めるためにはそのお店の人と繋がりを作った方がいいよね、と話しました。
ひとつめのお店には私も一緒に話に行ったのですが、どんどん慣れていって、最後の5つめのお店のときは、もう一人で自分から話しに行っていました。
少し応援すれば、自分自身の力で伸びていける。
高校生の中のそういう力を私が引き出すことができたとしたら、とても嬉しいと感じました。

 

-カワプロの経験は、常石さん自身にどのような影響があると思いますか?

私自身は平凡で、何かが「好き」とか「得意」とか言えないと思っていました。
でも高校生の成長を間近で見ていて、とても感動して、この成長を支えることなら自分にもできる、と感じました。そして、それが私の「好きなこと」なのだと今は思えます。

自分で「好き」だと言えることが見つかったことは、私自身の大きな成長だと思っています。

ーーー

 

高校生の活動を支える側の大学生も充実した時間を過ごしているからこそ、カワプロの活動がさらに加速していくのかもしれません。

============================

ただいま見学者募集中!
「川崎ワカモノ未来PROJECT」
Vol.2 ハナサクPresentation

■開催日時:2019年12月1日(日) 13:00〜17:00(予定)
■会場:川崎市第4庁舎 2階ホール
JR川崎駅 徒歩約8分
■見学対象者:学生、保護者、学校関係者、川崎市に関わる方など、どなた様もおいでいただけます
■参加費:無料
■お申し込みはこちらから
■問い合わせ先:
【川崎市】
TEL044-200-2094(平日8:30〜17:15)
E-mail:25kyodo@city.kawasaki.jp
【NPOカタリバ】
TEL03-5327-5667(平日10:00〜18:00)
E-mail:katariba-tokyo@katariba.net

 

▼これまでのカワプロレポートはこちらから

①川崎ワカモノ未来PROJECTいよいよ始まります!~参加者募集開始~

http://myprojects.jp/news/10954/
②川崎ワカモノ未来PROJECT「参加から運営へ~卒業生のチャレンジ」

https://myprojects.jp/news/11081/

③【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「4年目~循環がありコミュニティが育つ」

http://myprojects.jp/news/11168/
④【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「今年の仲間も全力で応援!」

http://myprojects.jp/news/11201/

⑤【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「思い出から愛着が育つ」
http://myprojects.jp/news/11309/

⑥【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「ワクワクが待ってるドアの先へ~キックオフ」

http://myprojects.jp/news/11365/

⑦【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「アクションしてみる!」
http://myprojects.jp/news/11459/

⑧【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「地域の応援をもらって走る!」

http://myprojects.jp/news/11494/
⑨【レポート】川崎ワカモノ未来PROJECT「本当の”まちづくり”へ進化!」
http://myprojects.jp/news/11515/

Categoryカテゴリーごとに見る
伴走者 伴走者インタビュー パートナー お知らせ イベント プログラム レポート 高校生インタビュー メディア掲載
Monthly月ごとに見る