LOADING

LOADING

マイプロニュース

【随時更新/参加者募集】「教育関係者向けイベント」のお知らせ

2018.6.5

伴走者お知らせイベント

高校生の探究型学習を支える、またはこれから支えたいと考える方(=「伴走者」)向けのイベントを開催いたします。

教員・行政職員・教育関係者の皆さまのご参加をお待ちしております。

 

===

★現在募集中のイベント

 

■【日程変更】探究型学習伴走者フォーラムin関東

 

日 時: 2018 / 12 / 23(日) 15 : 00 〜17 : 00(予定)

場 所: 東京都内を予定

定 員: 30名程度(予定)

対 象:教育関係者

交通費:自己負担となります

※出張費の申請補助のための参加証明書・参加依頼書の発行が可能です。

主 催: マイプロジェクト関東事務局

事務局: 一般社団法人ウィルドア/認定NPO法人カタリバ

【エントリーフォーム(以下よりお申込みください)】

※現在日程の再調整中となっております。詳細は後日再度更新いたします。※

 

 

2018年3月に東京で行われた伴走者フォーラムの様子

 

探究型学習の実践的研修会

 

次期学習指導要領の改訂に向けて「社会に開かれた教育課程」が明確に打ち出され、地域と連携・協働した探究的な学びや主体的で対話的で深い学び(アクティブラーニング)の実現は、教育現場を取り巻くキーテーマとなっています。

 

また地方創生においても、地域やコミュニティの課題に対して主体的に取り組む担い手の育成や、地域住民の教育への意欲をどう引き出していくのか、多くの自治体が悩みを抱えています。私たちは「マイプロジェクト」の充実・普及を通して、上記の課題を解決するために活動をしています。

 

今回ご案内するのは、そんな高校生に伴走してきた、あるいはこれから伴走したいと考える全国の「伴走者(教員・行政職員・教育関係者等)」同士が対話やテーマに分かれて学び合う、ワークショップイベントです。本フォーラムが、現在抱える課題を解決する一助になるのではないかと考えています。ぜひご参加ください。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※以下は、募集終了

 

■伴走者フォーラムin九州カイギ

日 時: 2018 / 7 / 22(日) 13 :00〜 16 : 30 (12:30開場)

※前日21日(土)もスタートアップキャンプを実施しており、

この日の観覧からご参加いただくことも可能です(ただし宿泊先は各自ご手配ください)。

※生徒は17時解散となります。最後まで高校生の様子をご覧いただくことも可能です。

場 所: 北九州まなびとESDステーション
北九州市小倉北区魚町3丁目3-20 中屋ビル地下1階

主 催: マイプロジェクト九州実行委員会

共 催: 北九州市

後 援: 文部科学省

参加費: 無料(食事は各自ご手配ください)

定 員: 50人前後

申込〆: 2018 / 7 / 15(日)中 ※先着順、定員になり次第申込は〆切となります。

事務局: 一般社団法人ピープラス/認定NPO法人カタリバ

詳細はこちら:https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1X4JhCToMPUbfIFmMlGcF7DvGbzSeiDee?ogsrc=32

◆ゲスト(順不同)◆

・呉工業高等専門学校 教諭 光井 周平 様

・福岡県立八幡中央高校 教諭 長井 敏郎 様

・広島県立大崎海星高校 魅力化コーディネーター 円光 歩 様

◆進行◆

・認定NPO法人カタリバ 今村 亮

 

■伴走者フォーラムin札幌

日 時:2018 / 8 / 2(木) 13 :30〜 17: 00 (13:00開場)

場 所:北海道大学学術交流会館 第3会議室
北海道札幌市北区 北8条西5丁目

後 援:文部科学省、北海道教育委員会

協 力:北海道大学大学院教育学研究院学校経営論研究室、No Maps実行委員会

参加費: 無料(食事は各自ご手配ください)

定 員: 30人

申込〆:2018 / 7 / 26(木)中 ※先着順、定員になり次第申込は〆切となります。

事務局:NPO法人いきたす/認定NPO法人カタリバ

詳細はこちら:https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1IwYHq1TslPatY4fRopKeU1aMX35dTzFn?ogsrc=32

◆ゲスト(順不同)◆

・北海道大学大学院教育学研究院 准教授 篠原 岳司 様

・北海道登別明日中等学校 教諭 太田 稔 様

・岩手県大槌町 教育専門官 菅野 祐太 様

・教育ジャーナリスト 後藤 健夫 様

◆進行◆

・認定NPO法人カタリバ 今村 亮

 

■探究型学習事例勉強会2018@東北カイギ

日 時: 2018/10/7(日)14 : 00 〜 17 : 45( 13:30開場)

場 所:東北芸術工科大学

(〒990-9530 山形県山形市上桜田3丁目4-5)

参加費: 無料

対 象:東北各県の高校教員・NPO職員・行政職員

交通費:自己負担となります

※出張費の申請補助のための参加証明書・参加依頼書の発行が可能です。

主 催: マイプロジェクト東北事務局

協 力: 東北芸術工科大学

事務局: 認定NPO法人カタリバ

申込〆: 2018 / 9 / 30(日)中 ※先着順、定員になり次第申込は〆切となります。

当日タイムスケジュール(予定):

14:00 ~ 14:15 開会・自己紹介

14:15 ~ 14:35 高校生マイプロジェクトとは

14:35 ~ 14:55 学校導入事例「『未来創造探究』~探究型学習で地域の未来を拓く、ふたば未来学園高校の挑戦~(仮)」

14:55 ~ 15:15 地域導入事例「気仙沼マイプロから見る地域の協働の実践(仮)」

15:15 ~ 15:35 事例「まちと育つ〜和気閑谷高校『閑谷學』のとりくみ」

15:35 〜 15:55 事例「何にもしない合宿」

15:55 ~ 16:15 課題提起「高校生の地域活動を支える協働体制づくり」

16:15 ~ 16:55 ワークショップ

16:55 ~ 17:00 閉会・写真撮影・移動

17:00 ~ 17:45 東北カイギ見学

18:30 ~ 20:30 懇親会(参加費別途:おひとり2,500円+飲み物代)

 

◆ゲスト(順不同)◆

 

・編集者/元和気町地域おこし協力隊 高校魅力化担当 江森真矢子(えもりまやこ)
・東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科 学科長 岡崎エミ(おかざきえみ)
・静岡県裾野市 社会教育委員 小田圭介 (おだけいすけ)
・コラボ・スクール双葉みらいラボ 拠点長 / 福島県立ふたば未来学園高等学校 学習コーディネーター 長谷川勇紀(はせがわゆうき)
・認定NPO法人底上げ 理事 成宮崇史(なるみや たかふみ)

 

 

■第3回 ”生徒が主役”のプロジェクト学習を考える勉強会

 〜“タンキュウ”を探究する〜

 

”タンキュウ”を探究する。第3回 ”生徒が主役”のプロジェクト学習を考える勉強会を開催します!

学校内で高校生が探究をする。

実際にはどのようにすすめられているのでしょうか。

学校内での探究活動に取り組む先生方、

高校生として取り組んだ経験者、

両方の立場から話を聴き、学校内での探究をいかに実現するかを考えます。

□ 探究活動の、他校での実践事例を知りたい。

□ 学校教育と社会教育の、具体的な連携方法を知りたい。

□ 生徒たちの主体性をどう引き出せばいいのだろう。

□ 実際に取り組む生徒は何を感じるのだろう。

日 時: 2018/10/20(土) 14:00-17:00( 13:30開場)

※終了後、懇親会を予定しております。

場 所: 文京区教育センター 2階 研修室

(〒113-0034 東京都文京区湯島4丁目7番10号)

※地図はこちら

https://goo.gl/maps/kT3mwg8b9uE2

参加費: 無料

定 員: 40名

対 象:教員 または 教員志望の学生

交通費:自己負担となります

※出張費の申請補助のための参加証明書・参加依頼書の発行が可能です。

主 催: マイプロジェクト関東事務局(一般社団法人ウィルドア/認定NPO法人カタリバ)

事務局:一般社団法人ウィルドア/認定NPO法人カタリバ

講 師:探究活動実践校の先生方、高校での探究活動経験者ほか

詳細はこちら:https://drive.google.com/drive/u/0/folders/1lWTfGoUS-tVu0ghBhLA8s_tbIGp3adFT?ogsrc=32

★ゲスト情報★

大嶽 学(おおたけ まなぶ) 1982年生まれ 岐阜県出身

社会科・論究科 長年にわたりNIEやゼミなど、探究・アクティブラーニング型教育に取り組み、 ハーバード大学教授による授業視察をはじめ、国内外問わず、その授業は高い評価を受けている。 また、郁文館グローバル高等学校における進路・キャリア担当として、多数の進学実績を誇ると共に、 4割を越える海外大学進学者の進路指導にも力を発揮している。 現在、そのノウハウを活かし、「社会探究」の立ち上げにも大きく貢献、活躍している。

北澤 壮太(きたざわ そうた) 1989年生まれ 青森県出身

社会科・論究科 郁文高等学校初の探究型学習である「社会探究」の立ち上げメンバー。 現在は論究科(教科横断型授業を専門とする教科)の教員として、高校1~2年生の探究型授業を担当。 その他にも、探究型フィールドワーク「PBLツアー」や高校生版MBAを目指す「起業塾」のスタートアップにも関わる。

 

この記事を広める!

月ごとに見る

スマホ版を見る